トップページぶどう/いも煮会ラ・フランス/干し柿さくらんぼ店舗案内アクセス/入園料/送料豆知識


ごあいさつ

 蔵王連峰の山麓、山形は全国有数の果樹生産県で、特にサクランボとラフランスは生産量全国一を誇っています。
その中でも上山市は肥沃な土壌と気候に恵まれた土地です。しかし、栽培のこだわりを持たずには、普通の果樹生産となり、消費者の皆様からのご支援をいただく事はできません。 当園では先代より、果実本来が持っている生命力を引き出す為「土づくり」を基本に堆肥の使用を継続してまいりました。堆肥は全ての資材に勝る完全な土づくり資材なのです。また当園では科学肥料の使用をせず有機肥料100%の醗酵肥料(ぼかし)を使用しています。もちろん牛由来の動物蛋白肥料は使用していません。各種有機肥料を二〜三週間好気醗酵させ糀状アミノ酸化された肥料を主体とし、土壌を常に若返らせることにより、作物の生育環境を整え、果樹がいきいきと健康に生育し、本来の香り、光沢、甘みや良食感をもった本物の果実が生産されると自負しています。
元来、果樹栽培は農薬なしでは出来ないとされていますが、健康な生育とその環境は、耐病性と治癒力に優れ、最小限の農薬使用にとどめることが出来ます。
その結果、安全で栄養価の高い、又食味の良い果実をお届けすることが出来るのです。
 全ての物質の分離合成を司る「酵素」は作物の生長代謝を活発にし生産目的に大きな貢献をしますが、当園では醗酵肥料(堆肥)づくりの中で微生物の生産する天然酵素が大きな働きをしています。酵素含有量の多い山野草、果実菌茸三十五種を三年間長期低温発酵させることににより抽出された純粋な天然酵素を定期的に葉面散布して成長促進やエネルギー代謝を活発化させ、農薬や植物体内に滞留する硝酸、亜硝酸を除去分解し、さらに安全で安心な作物の提供に自信をもってお届け致します。
 当園では、生産者の責任として取り得る多くの手段を実施し、ささやかな「こだわり」ではありますが、真心をお届けすることに今後とも努力していく所存でございます。



高橋フルーツランド  代表 高橋真也


店舗写真


カフェ写真


トップページぶどう/いも煮会ラ・フランス/干し柿さくらんぼ店舗案内アクセス/入園料/送料豆知識